低用量ピルとして有名なトリキュラーの写真

トリキュラーはピルの中でも人気があります。体に負担が少ない低用量ピルということや、飲み忘れを防げるような工夫が施されているからです。トリキュラーについて詳しく見ていきましょう。

種類の多いピルには、保険が適用されるものもある

避妊効果の高いピルには、様々なメーカーから多くの種類が販売されています。
含まれている黄体ホルモンの種類によって、第一世代、第二世代、第三世代という分け方をされます。
また、世代とは別に、服用する錠剤のホルモン配合量によって、1相性~3相性にも分類されます。
ピルというと、避妊薬というイメージが強いかもしれませんが、月経困難症の軽減や子宮内膜症の治療効果、ニキビの改善などといった効果も期待できます。

ピルに含まれる2つの女性ホルモンは、脳下垂体に働きかけて、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑制します。
そのため、排卵を抑制し、子宮内膜を変化させて、受精卵を着床しにくくし、子宮頸管の粘膜を変化させて精子を子宮にはいりにくくするため、高い避妊効果を得ることができます。
低用量ピルは、要指示薬の扱いとなるので、薬局へ行っても処方箋がないと購入することはできません。
ただ、産婦人科医のすべてが、低用量ピルに好意的なわけではなく、世間同様の偏見を持っている医師もいます。また、女性の立場で、低用量ピルをとらえることのできない医師もいるので、患者一人一人の気持ちを大切にしてくれる医師を探すことが大切です。
ピルの処方にかかる費用は、基本的にはすべて保険が適用されません。
ただ、検査の結果によっては、疾病が見つかることもあり、その治療に関しては、保険適用となります。そのため、保険証は持って行った方がよいでしょう。
また、基礎体温表や会社の健康診断のデータがあれば、持参しましょう。一般的な検査は、健康診断のデータで代用するおとが多いので、改めて検査をする必要がないと判断されるかもしれません。
病院によってピルの値段はことなりますから、あらかじめ電話で確認しておくと安心です。