低用量ピルとして有名なトリキュラーの写真

トリキュラーはピルの中でも人気があります。体に負担が少ない低用量ピルということや、飲み忘れを防げるような工夫が施されているからです。トリキュラーについて詳しく見ていきましょう。

トリキュラーなどピルの初診料について

ピルは、避妊目的と、婦人科系の疾患の目的と大きく分けて、2つの目的で服用するお薬です。
ピルは、エストロゲンとプロゲステノーゲンという2種類の女性ホルモン剤が含まれており、この2種類の作用によって排卵を抑制する働きを持っています。これは、脳が妊娠しているような状態に認識している状態になる仕組みとなっています。
これらの作用を起こすピルを、定められた用法通りに正しく服用を継続することで、ほぼ100パーセントに近い避妊が可能となります。しかし、飲み忘れが生じると効果が薄れる可能性があるので、注意が必要です。
そのほか、月経困難症や月経不順、貧血などの月経の悩み、にきびなどのホルモンバランスの崩れ、子宮内膜症、子宮体がんの予防などの疾患にも効果があります。
ピルには、トリキュラーをはじめとして、様々な種類があります。トリキュラーは、人間の身体のホルモンサイクルに似たサイクルのホルモン量が配合されているので、初心者の方に最も適しているとされています。服用方法は、28日間を1クールとして、1日1錠を21日間服用します。残りの7日間は休薬期間で、この間に月経が起こる仕組みになっています。そして、29日目を1日目としてまた新たなピルのシートを開始します。
トリキュラーなどのピルは、内科や産婦人科などの医療機関で処方が可能です。しかし、保険診療適用外なので、初診料とお薬代を含めて自費診療となります。初診料やお薬代は、医療機関によって設定されている費用が異なるので、心配な方はあらかじめ医療機関に問い合わせしておくとよいでしょう。
医師と症状と目的を伝えて、自分に合うピルの種類を処方してもらうことが大切です。