低用量ピルとして有名なトリキュラーの写真

トリキュラーはピルの中でも人気があります。体に負担が少ない低用量ピルということや、飲み忘れを防げるような工夫が施されているからです。トリキュラーについて詳しく見ていきましょう。

トリキュラーってどんなピル?

トリキュラーはいくつかあるピルの中でも日本国内での処方実績に優れたピルです。 処方量は最も多く、ピルを処方してもらった際に受け取ったのがトリキュラーだったというケースはかなり多いでしょう。
ではこのトリキュラーにはどういった特徴があるのかというと、まず挙げられるのは21錠と28錠の2タイプがあることです。
21錠でも28錠でも有効成分を含む錠剤の数は同じで、28錠は有効成分を含まない偽薬が7錠入っています。
ピルは21日飲んで7日休むというパターンで服用していくことになりますが、28錠タイプの場合は28錠を28日かけて全部飲んでから次のパッケージを飲み始めれば良いため、飲み忘れの心配が無いというメリットがあります。 また別の特徴としては月経が始まった日に飲み始めるタイプであることも挙げられるでしょう。
月経が始まった日というのは女性にとって非常に分かりやすく、全体的に見ると飲みやすさに優れており初心者向けだと言えるでしょう。 逆に少々欠点と言えるのは他のピルと比べると男性ホルモンを抑制する効果が低いことです。
もちろん男性ホルモン抑制の効果が低かったとしても避妊の効果はしっかり出ますし、生理に関連する症状の緩和の効果もしっかり発揮されます。
しかし他の男性ホルモン抑制の効果に優れたピルは服用するだけでニキビや多毛症の改善といった副効用が期待できることを考えると、そうした効果を期待する場合には別のピルを選んだほうが良いこともあります。
ただやはり初心者向けであるということは非常に大きなメリットであるため、初めてピルを利用するということであれば基本的にはこのトリキュラーを処方してもらうのが一番良いでしょう。

ピルにはいろいろな種類がある

避妊方法といってもいろいろありますが、ピルによる避妊方法は多くの人が行っています。
日本においてはコンドームを使うという方法の方が一般的かもしれません。しかし、コンドームについては破れてしまうこともありますし、確実に避妊できるわけではないと知っておきましょう。
ピルの主成分は黄体ホルモンとなっており、これは妊娠の成立に深い関係を持ったホルモンです。
妊娠が成立するためには胎盤への受精卵の着床が必要となりますが、その際に排卵が起こらないように黄体ホルモンがコントロールしているのです。
ピルを飲むことで受精卵の着床を防ぐことができるため、避妊効果を得られるという仕組みです。しかし、この薬は体に妊娠していると誤認させるという方法であり、妊娠の時と同じような吐き気などの副作用が出てしまうこともあります。
副作用と聞くと心配だという人もいるかもしれません。しかし、この薬はもともと副作用が起きにくいとされており、安全に服用することができるでしょう。
女性の体にもさまざまなメリットがありますし、正しい方法で服用することが重要です。低用量ピルと言えば避妊のために使うものだと考えている人も多いでしょう。しかし、生理痛の治療や子宮内膜症の治療などに使うこともできますし、多くの人がこの薬を利用しています。
低用量ピルを使い始めてから体重が増えたという口コミを聞いたことがあるかもしれません。低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、女性らしい体を作るための働きがあります。また、食欲を増進させる効果や水分を体に溜め込む働きもあるということです。影響の出方は人によって異なっていますが、ピルで太ってしまった人は女性ホルモンの影響を受けやすいとされています。

用途によってピルを使い分ける

昔は男性と女性の付き合いというと、結婚するまでは性交渉をしないでいるのがいいとされる時代もありました。しかし、現在はより相手のことを知るためにも、愛情表現の一つとして性交渉をするというのも当たり前になっている部分があるものです。性交渉をすることによって、妊娠をしてしまうこともあるのですが、それで喜ぶカップルもいれば、困ってしまうカップルもいるものです。
妊娠をすると困るといった状況の場合では、避妊をしていくようにするのがいいのですが、最近は女性が自分で身を守る方法としてピルというものを使うようになっているのです。ピルは経口避妊薬であって、女性ホルモンが含まれ手いる錠剤の薬です。
ピルには大きく2つの種類があって、一つが低用量ピル、もう一つが中用量ピルになります。これは使用方法も異なるので、使い分けていくようにします。一般的によく知られているのが低用量ピルという毎日服用することで性交渉をするのに事前に排卵を抑えることができるような体質にしておくものです。28日周期で服用することになるのですが、排卵を抑えることができるので、卵子と精子が出会うことがなく、高い成功率を誇る避妊方法といえましょう。正しい服用で飲み忘れなどがないと、100%に近い成功率なのです。
もう一つの中用量ピルというのは、性交渉の後に妊娠の可能性がある場合に服用していくのですが、少し強めのホルモン剤になります。時間的にも早ければ早いほうが効果があるものであり、できてしまった受精卵も子宮で着床することがないので、妊娠を継続できないというものなのです。
このように2つのタイプのピルがあるのですが、うまく使い分けていくようにするといいでしょう。